• HOME>
  • 新着一覧>
  • 成年後見制度における中核機関の設置に関する要望書の提出について

成年後見制度における中核機関の設置に関する要望書の提出について

2020年1月17日 サイト更新

 令和2年1月17日(金),当会及び各士業団体並びに各関連団体は,認知症,知的障がいその他の精神上の障がいのある方々の権利擁護を支援するため,金沢市に対し,成年後見制度利用促進基本計画における中核機関の設置を求める要望書を提出いたしました。





(1)要望者
石川県司法書士会/石川県行政書士会/北陸税理士会石川県支部連絡協議会/一般社団法人石川県社会福祉士会/公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート石川県支部/日本司法書士政治連盟石川会/一般社団法人コスモス成年後見サポートセンター石川県支部/一般社団法人社労士成年後見センター石川

(2)要望の内容
①認知症,知的障がいその他の精神上の障がいのある方々の権利擁護を支援するため,成年後見制度の利用促進に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るための基本計画を策定すること。
②上記基本計画に基づき,中核機関の設置及び地域連携ネットワークの整備を早期に行うこと。
③上記の各場面において専門職の活用を図ること。

 団塊の世代が後期高齢者となる2025年を控え,地域の高齢化が進むなか,高齢となった人たちの生活を守るため,また知的障がいその他の精神上の障がいのある人たちとの共生社会実現のためにも,成年後見制度をこれまで以上に適切に利用できるよう,各地域における相談窓口を整備するとともに,必要な支援につなげる地域連携ネットワークの中心となる中核機関が早期に設置されることを我々は望んでいます。

TOPへ戻る

相談分野Q&A
土地建物のこと
会社のこと
成年後見のこと
相続・遺書のこと
借金問題のこと
裁判のこと
賃貸借トラブル
身近なトラブル
労働問題のこと
離婚のこと
その他
  • 交通アクセス
  • 司法書士検索
  • 新着情報
  • 法テラス